前へ
次へ

紫外線を浴びないための工夫をする

太陽の紫外線は体にとって良い効果もあれば、悪い効果もあります。
紫外線を浴びる時間が長くなるほど、悪い効果を受けてしまうので紫外線を長く浴びないように対処していく必要があります。
紫外線を浴び過ぎるとしわが増えたり、老化を早めたりなどあまり良くない効果があります。
そこで、浴び過ぎないようにするためには、紫外線が強い日中は外出しないように心がける事です。
特に春から夏にかけては紫外線の量も多くなるのでよりいっそう紫外線が強くなります。
つまり、肌へのダメージも大きくなるという事です。
しかし、外出を控えるようにすれば紫外線を浴びる時間を大幅に短くする事が出来ます。
もし、外出しなければいけない状況の場合は、日傘や帽子などを使って紫外線を浴びないように工夫します。
また、日陰をなるべく活用したり、日焼け止めクリームを塗るのも効果があります。
紫外線をどれだけ防止するかで美容に大きく影響してくるので常に意識しなければいけないです。

Page Top